栄福祉会がめざすもの

地域生活を新しい角度から提案

 私たちは、地域が人の生活の基盤と考え、人の関りを通りした「地域生活の場」を提供していきます。
 障害を負うことや歳をとることは、それまでの自分ではなくなり、戸惑うこともあります。
 しかし、昨日までの自分と同じ人など一人もおりません。人生は予測できることなどほとんどなく、今それに立ち向かうことが大切なのです。
 「千里の道も一歩から」という諺にあるように、まず一歩踏み出すことから何事も始まります。
 さぁ、誰にでも公平におとずれる明日に向かって、一緒に進んでいきましょう。

鬱蒼とした森に沈む夕日。
青い空を背景に、芝生の平原に立つ風力タービン。